どんぐり君とおにぎり君の読書日記

こども(男子×2)と母による、本のブックレビューです。読んだ絵本・児童書・学習漫画などの簡単な内容、あらすじ、感想、私的おすすめ・まとめをご紹介。

工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだんアイスのくに」を読みました。

工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだんアイスのくに」を読みました。

 

ノラネコぐんだん アイスのくに (コドモエのえほん)
 

 内容紹介

「ニャー アイス たべたいね」と、アイスクリームパーラーをのぞくノラネコぐんだん。
アイスが入っていた空っぽの缶を発見して…。
まさか!?の感動の展開に、最高傑作との呼び声も高いシリーズ第6弾。
MOE絵本屋さん大賞2018 第3位受賞、パパママ賞1位受賞作品。
2017年11月刊

幼児受け★★★★

僕なら、ぶどうアイスを食べる。
(やはり食べ物が出てくる絵本はわくわくしますね)
次はノラネコぐんだんパン工場を読みたい。

ノラネコぐんだん パンこうじょう (コドモエのえほん)

ノラネコぐんだん パンこうじょう (コドモエのえほん)

  • 作者:工藤 ノリコ
  • 発売日: 2012/11/15
  • メディア: ハードカバー
 

 

 

母の感想

ノラネコたちが勝手で良い

アイスを食べたいなぁと思って食べちゃうところが良い。
勝手な猫と言うイメージが11匹のネコとちょっとかぶる。

勝手な猫たちが無条件にぼっちゃんを助けるのがぐっとくる

だめなとこもあるネコたち良いところもあります。だめだからこそぐっとくる。のび太の活躍的な。

おすすめ度★★★★★

猫たちの自由気ままな行動、物語の展開が読めない、独自の世界観がある素敵な本。

 

ノラネコぐんだん アイスのくに (コドモエのえほん)